桜田ゆみ 活動情報

スペイン文化、

スペイン童話音楽劇「バレンシアの妖精ナランヒータ」作・構成・出演

スペイン童話音楽劇「バレンシアの妖精ナランヒータ」作・構成・出演

《作品概要》
横浜スペイン協会20周年記念公演 わたしたちのスペイン音楽祭にて、短い小品を書くことになりました。バレンシアオレンジで有名な土地を題材にした童話です。

《あらすじ》
ナランヒータはオレンジの実のなる木の妖精です。バレンシアの国を司る人間の王子様に恋をしていました。同じく王子を慕う魔女は、ナランヒータを邪魔なので、妖精の姿から毒蜘蛛に変える呪いをかけました。お妃選びの日、魔女は美しい王女様の姿に変身すると、王子に気に入られ、結婚を申し込まれます。ナランヒータは王子を助けるために、婚約舞踏パーティの時に魔女のドレスの中に潜り込みます。毒蜘蛛の出現でパーティはめちゃくちゃになり、魔女は正体を現しますが、ナランヒータは家来たちに叩かれつぶされました。心優しい王子は、魔女の偽装を暴き救ってくれた毒蜘蛛の好意を察し、両手ですくい上げ感謝のキスをします。
するとナランヒータは妖精の姿に戻ることができました。驚いた王子ですが、ナランヒータを好きになっても、妖精と人間では結ばれるが出来ないのはわかっています。オレンジの木の中に消えていくナランヒータを見送り、二人は別れ別れに…。すると神様の光がナランヒータを包み、命をかけて王子を守ったご褒美に、人間になる夢を叶えてくださいました。こうしてナランヒータは人間となり王子と結婚して、バレンシアの繁栄のオレンジの実を守り、幸せにくらしました。

日時 2010.12.03
会場 横浜みなとみなと 小ホール
チケット料金 2000円
お問い合わせ先 横浜スペイン協会
出演 朗読:小野瑠奈アンヘラ

ナランヒータ/パロマ:桜田ゆみ(ソプラノ)
王子:小野 勉(テノール)
魔女:サリナ順(フラメンコダンサー)

ピアノ:斉藤久実
チェロ:町田妙子
作品名/演奏曲目 横浜スペイン協会20周年記念「わたしたちのスペイン音楽祭」(サルスエラ部門)
原作・脚本・構成:桜田ゆみ

アルベニスのタンゴ/バレンシア/アマポーラ/火祭り/パロマの歌「ラバピエスの理髪師」より/そんなはずはない「港の酒場女」より/心よだまって「ルイサ・フェルナンダ」より/スパニッシュ・ダンス/ほか

前の情報       次の情報

今後の活動情報
2019.12.21
桜田組・新喜歌劇「忠臣蔵 討ち入りの時間ですよ〜!」
2019.12.01
第7回 サルスエラ ランチセミナー
2019.10.20
第6回 サルスエラ ランチセミナー
2019.09.21
サルスエラ初演シリーズ 第6弾「水、カルメラ、焼酎」
2019.09.14
清里スペイン音楽祭
2019.07.06
サルスエラ「人騒がせな娘」スペイン語公演
2019.05.26
第5回 サルスエラ ランチセミナー
2019.05.26
サルスエラ講座 2019年間日程
過去の活動情報
2019年02月
2019年01月
2018年12月
2018年10月
2018年09月
2018年07月
2018年05月
2018年04月
2018年01月
2017年12月
2017年10月
2017年09月
2017年08月
2017年07月
2017年05月
2017年04月
2017年02月
2017年01月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年08月
2016年07月
2016年06月
2016年02月
2016年01月
2015年12月
2015年11月
2015年09月
2015年08月
2015年07月
2015年04月
2015年02月
2014年12月
2014年11月
2014年09月
2014年08月
2014年06月
2014年03月
2014年02月
2014年01月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年09月
2013年05月
2013年04月
2013年02月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年09月
2012年07月
2012年06月
2012年05月
2012年04月
2012年03月
2012年01月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年06月
2011年02月
2011年01月
2010年12月
2010年06月
2010年04月
2010年03月
2009年12月
2009年10月
2009年09月
2008年09月
2004年09月
2003年09月
2002年09月
2001年07月